遺言書の種類

isyo_ojiisan

遺言書と聞いて、スグに思いつくのが封筒に入った手書きの遺言書だと思います。

しかし、遺言書は作り方によってその種類が異なってきます。

また、種類によって取り扱い方が違ってきますので、注意が必要です。

 

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは一番手軽に作成できる遺言書です。
遺言の全文、日付、氏名を自署し、名前の下にハンコを押せば完成です。

遺言書に書かれる内容は、その内容によっては相続人の損得に関係してきますので、遺言書が発見された場合、改ざんや偽造をされる危険性があります
保管場所には十分気をつけましょう。

また一方で、自身で管理することで保管場所がわからなくなり、紛失するケースもありますので、注意しましょう。

よくある保管場所としては自宅の金庫や、権利証などの大切な書類と一緒に、または引き出しの中に無造作に入っている場合もあります。

自筆証書遺言の場合、法律にのっとって作られていることはもちろんですが、死後に相続人に見つけてもらって内容が実現できなければ作った意味が無くなってしまいます。

自筆で遺言書を作るときは、銀行の貸金庫に預けたり、信頼できる親戚に預けるなど、相続人が見つけやすいような保管場所を確保することも大切です。  

 

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言書のことです。

遺言書に書く内容が最終決定していて、確実な遺言書を作っておきたい人や、確実に内容を実現できる遺言書を作っておきたい人にオススメなのが、公正証書遺言です

公証人が内容をチェックしながら作成しますので、自筆証書遺言のように作成時に不備が発生したり、無効になる危険性はほとんどありません。

公正証書遺言は、原本・正本・謄本の3部が作成されます。

正本(原本に代わるもの)・謄本(原本の写しのようなもの)は遺言者に渡されますが、原本は公証役場で遺言者が120歳になるまで保管されます。

公正証書遺言の正本と謄本は遺言者本人に手渡されますので、謄本は遺言者が金庫などに保管し、正本は遺言執行を依頼する人などに預けておくのが1つの確実な方法です。

 

秘密証書遺言とは

秘密証書遺言は、相続人等に内容を秘密にしたまま、遺言書が「存在している」ことだけを公証人に証明してもらう形式の遺言です。

秘密証書遺言の最大の特徴は、パソコンでの作成や代筆も可能であることと、遺言の内容を相続人等に知られることなく作成できる点です。

自分以外には秘密で作成できる点では自筆証書遺言も同様ですが、遺言の内容は秘密にしておきたいが、遺言書を作ったことを秘密にする必要がなければ、遺言の存在を公証してもらう公正証書遺言を作ったほうが、偽造などの危険性が低くなります。

当事務所では最も実現性の高い公正証書遺言をオススメしております。
遺言に関するご相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。


PAGE TOP