遺言書を作成するメリット

いごん

遺言とは、自分の死後に、財産の処分方法などを相続人に言い残すものです。死の直前にメッセージを言い残す遺書とは異なります。 

「うちは、遺言書なんて必要ない」と考えておられる方も少なからずいらっしゃるかと思います。

現在は、家族の仲が円満なため大丈夫と思われるかもしれませんが、金銭が絡んでくると他者が介在してくるためどのような状態になるかわかりません。

家庭裁判所での遺産分割調停は、財産額が5000万円以下のケースが全体の70%以上というデータもあります。これが何を意味しているかというと、相続争いは、財産の多い・少ないに関わりなく、普通のご家族」の相続が争いになっているということです。

遺言書に書かれた内容は法定相続分に優先します。
遺言書で「誰にどの財産をどの位相続させるか」を決め、あわせて「家族へのメッセージ」を書き加えることで、遺言書を相続争いを未然に防ぐ争族の防波堤にすることも可能です。
家族のの関係がこじれないようにするためにも遺言書は、とても重要な役割を果たすのです
 
遺言書を残すことには、以下のような様々なメリットがあります。 

相続人以外にも財産を渡すことができる

たとえば、「この家は次男に相続させたい」・「この定期預金のうち500万円は長女に渡したい」というように、相続させる財産を誰にどのくらい相続させるかを指定することができます。

それは、同様に相続人以外の人にも財産を残すことができます

事実婚の状態にある配偶者、介護などで世話になっている長男のお嫁さんなどは相続人にあたりませんから相続からは除外されてしまいます。つまり、そのような人たちには相続遺産は分割されないということです。
遺言がなければ、相続人全員が集まり、どの財産を誰がもらうかを話し合いで決めることになります。
このような人たちに財産の一部を残してあげたいと考えるのであれば、遺言書を作ることで実現することができるのです。

トラブル回避ができる

わずかな財産であっても、いざ相続となると「少しでも多くもらいたい」という心理が働きトラブルが生じるケースが多くみられます。
相続するだけで手に入る財産があれば、自然と争いに発展する可能性は高くなってしまうものです。

相続人の中ではそれぞれの経済状態(懐ぐあい)も違いますし、生前に面倒を見た・見ないといった主張をする場合もあるでしょう。このようなことばかりでなく、これまでの心情的な理由から話し合いがまとまらないこともよくあります。
さらに、こういったトラブルには第三者の思惑が関わってくることもあります。

たとえば、相続人同士で話が済んでいても、相続人の妻が納得できずに横槍を入れて、まとまる話もまとまらなくなるケースが多々あります。

遺言を書くことで、自分の意思を文書で整理し伝え、相続人同士の無用なトラブルを未然に防ぐことができます。
「遺言書なんて先の話」と思っている方も、検討してみる価値は十分にあるはずです。

遺言書を作成したほうが良いケース

遺言することで様々なトラブルが回避できます。
ここでは、遺言を残した方が良いケースを紹介します。

下記のどれか1つでも当てはまる場合は、遺言書の作成をしましょう。

1、子どもがいないご夫婦
2、再婚した人で、前夫・前妻との間に子どもがいる場合
3、内縁の配偶者やその人との間に子供がいる
4、結婚した相手に連れ子がいる
5、未成年の子供がいる
6、相続人が多い
7、相続させたくない相続人がいる
8、相続人にはならない人や団体に財産を渡したいかた
9、行方知れずの相続人がいらっしゃるかた
10、事業や農業を営んでいる方

 


PAGE TOP