相続税の税務調査

相続税は申告・納税をして終わりではありません。申告して数年後に、相続税申告をした方の実に4分の1の人に対して税務調査が入ります。
さらに税務調査に入った件数の8割以上という高い確率で、修正が入り追加で税金を支払う必要があります。

税務調査で指摘されやすいのは、相続開始前に譲渡した財産の譲渡代金の使途や相続開始前に引き落とした預貯金の使途・名義預金などです。

税務調査は基本的には、事前に税務署から通知が来ます。
相続税の申告を税理士に依頼している場合には、申告書への押印のある税理士へ事前に電話が入ることがほとんどです。
ですので、通常は申告を依頼した税理士に対応して貰えば良いのですが、中には税務調査の経験が浅い先生や相続税申告をほとんど行ったことのない先生がいらっしゃいます。

そのような先生のお世話になっている場合には、別の税理士に依頼されるというケースが最近では多くなってきています。

当事務所では、税務調査のみのサポートにも対応しております。


相続税申告だけでなく、税務調査の経験豊富な税理士が所属しておりますので、まずはご相談下さい。

PAGE TOP