相続放棄

相続の一切を拒否する方法が相続放棄ですが、具体的には、プラスの財産よりもマイナスの財産がはるかに多い場合や、何らかの事情により相続人になりたくない場合にとられることが多い方法です。

被相続人に多額の借金があった場合などは、相続人は借金を含めた相続財産の全部を「引き継がない」と申請することが可能です。

相続放棄できる物としては、基本的には下記のような相続対象となる全ての物となります。
・「不動産」「現金」「株式」「自動車」等のプラスの財産
・「借金」「住宅ローン」「損害賠償請求権」「損害賠償責任」等のマイナスの財産

注意!相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・

相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけません。

なぜ3ヶ月なのか?

相続放棄をするかどうかを決めるには、相続財産のなかでプラスの財産が多いのか、借金などのマイナスの財産のほうが多いのかを調査して、その詳しい内容を確認する必要があります。

その調査期間として「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。

3ヶ月が過ぎてもまだあきらめないでください!

相続放棄をしようと思ったが、気づけば3ヶ月を過ぎてしまっていた・・・という方、諦めるのはまだ早いです。

一定の条件が揃っていれば、3ヶ月を過ぎても相続放棄が受理される可能性はあります。
あきらめずに専門家へご相談下さい。

PAGE TOP